人生美味麗惨

主に日常にあったことやTRPGのことなど、緋咲 綾音が思ったことをただ書き殴る場所。足跡残し、コメント歓迎。 レスが遅くても勘弁してくだちゃい。

--/--/-- --:-- [--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/26 03:50 [Thu]

闘争の契約

復活して早々に間が空いてしまったりしつつ。


キャラ語りは誰からやろうかー、私はただでさえ人数が多いからなー、とか、考えてた矢先にとんでもないことに。



セッションにて、初めてPCが戦闘で死亡。


う~~~あぁ~~~



今まで戦闘セッションでは死人出したことなかったのに…!orz
死んだキャラが、私がいつも凄くお世話になってるマヒロんのPCジェオだったということが、さらに色々追い打ちに。


ボスの強さがかなり凶悪だったというのもありますが、出目のひどさも相当だった。
ファンブルや3,4の出目の連発。当のジェオも、防御ファンブルでHPがごっそりとえぐれて撃沈してしまいました。


結局、蘇生できる状況であったので、ジェオが全額負担する形で蘇生、という形に落ち着きましたが……。



蘇生について、人によって色々意見が違うと思いますが、私は正直どちらでもいい、という考えです。
生き返らせる事が出来るならそうしたいし、ダメならダメで構わない。もし私のPCが死んでしまったなら、そのPCにもよりますが、蘇生せずに土に還ることを選ぶのも多いと思います。

と、まぁ。自分のケースだったら、冷静でいられるんですが。(過去に2度、自PC死亡は経験)



ダメですね、もう。ジェオ死亡を目の当たりにして、一番動揺してたのは手を下したGM当人なんですから。
上では偉そうなことを書いてますが、ジェオが死んでしまった時に真っ先に蘇生させれる状況かどうか、その模索から思考が走り始めた。
まだボス倒れてない内から何考えてんだ!と自分でツッコミ。エゴだなぁ、もう。


『 殺し殺され合うのが、闘争の対価だろう 』


私の中の魔神が咆える。
殺そうとした相手に、逆に殺されてしまうのは戦いの中ではごく自然のこと。
死者を蘇生させることは、残された人間のエゴだろうと…わかってはいても、私はジェオには死んで欲しくありませんでした。
GMが冷静になれなきゃダメだって、常から思ってるというのに、なんて様なんだか、、


昨日も、同遊戯会のPC死亡(その時はPL参加)の場に居合わせ、まだ何とかそのPCの親であるPLさんの決断だと、風になった彼を見送ることができました。


けどもし、今回ジェオが蘇生されることを拒んでしまったら?
……きっと冷静でいられなくなるであろう自分が、とても腹立たしい。


長ったらしい上に何だか愚痴っぽくなってしまった感。
闘争には死が必ず付きまとうものであり、セッションという一つの物語を進行するGMとして、冷静さを失っていた自分に腹が立ったという、そんなお話でした。


また愚痴になってしまいそう。冷静になろう。

最後に。
セッションに参加してくださったPL様方、ありがとう御座いました。(礼)
スポンサーサイト

« ぐれーとわーきんぐ  | HOME |  何ヶ月ぶりだとかセルフツッコミ »

この記事へのコメント

参加PCが死ぬとビビりますよね。
私もできれば、参加PCを殺したくはありませんが、流れの中で止むを得ない部分もあります。

改めて、自分のマスタリングに不備はなかったか。
なんてあら探しして、見つけたらそれを理由に、GMのミスだから、で蘇生させたくなります。

でもPCを尊重するなら、死を選ばせてあげるのも、GMの役目だなぁとぐっと堪えてマスタリングをしないと、仲のいいPLさんのキャラだから、蘇生を強引にでもさせた、なんて言われる可能性もあります。

私はキャラを殺したGMと呼ばれるより、エコヒイキするGM、と言われる方が怖いです。実際、そのケがありますしねw

GMは他にない楽しさも多いですけど、こういう悩みもありますよね。GM同盟の仲間として、一緒にがんばりましょう!w
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://hizakiworld.blog76.fc2.com/tb.php/10-b7fdac20

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

緋咲 綾音

Author:緋咲 綾音
迷い込んだら逃がさない。
そんな蟻地獄みたいな存在になりたい。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。